調査は開発以上に大事なときもある

マーケティング調査をする時の3つの方法

マーケティング調査はサービスの提供の質の向上や商品の売上を伸ばすためにたくさんの顧客から要望を聞いて調査する事を言います。サービスを提供して商品を売る時に独自の考えだけだとなかなか上手くいかないのでたくさんの顧客から要望を聞く事でいろいろなアイデアが生まれていきます。そこでマーケティング調査はどのような方法で行われているのか見ていく事にしましょう。
【電話調査】
マーケティング調査をする時によく行われる方法が電話調査になります。マーケティング調査を実施する企業が不特定多数の顧客に電話をかけて質問をして回答してもらいます。電話口で回答がもらえるので最も手軽なマーケティング調査の方法とも言えます。
【会場調査】
一つの会場に一定の人数に来場してもらいアンケートに回答してもらうのが会場調査になります。最近ではネットで会場調査の募集をしているのでたくさんの顧客からの意見を聞く事が出来ます。
【WEBアンケート調査】
最近ではいろいろなアンケートサイトが出てきていてマーケティング調査を実施する企業が依頼をしています。それでアンケートサイトに登録している会員に回答してもらって調査します。最近ではスマホが普及してきているのでたくさんの顧客からの意見を聞く事が出来ます。

ニーズの把握に欠かせないマーケティング調査

商品の販売やサービスの提供を行なううえで、消費者がどのようなものを求めているのかを特定するためのマーケティング調査は現代のビジネスにおいて欠かせないものです。
せっかく開発した商品でも消費者のニーズに合わなければ受け入れられることはなく、会社として赤字を出してしまうおそれがあり、商品を開発するノウハウがあっても宝のもち腐れとなってしまうことも考えられるからです。
そのためマーケティングはサービスを提供する会社として商品開発と同じくらい重要な要素となっており、現在ではマーケティング調査を行なう会社なども多く存在しています。
マーケティングは世の中の流れや変化からニーズを読み取るだけではなく、電話でのアンケートや街頭調査などより多くの人々からの意見を集め、統計的な見地からニーズを調べることもできます。
そして見えてきたニーズをひも解いていくことで世の中を動かすような新商品が開発されているのです。
ひとつの新商品が世の中に送り出されるまでにはマーケティングから開発、宣伝と綿密な作業が行われており、世の中の動きを多角的にとらえたさまざまな方法でニーズを分析するマーケティング調査会社は現代では必要不可欠な存在といえるのです。

製品の受容性やニーズを把握するユーザーニーズ調査を行います。 岩手、福島などの東北地方の調査ならお任せください。 大阪、京都などの関西圏の調査ならご連絡ください。 50年の実績と80人の調査員、取り引き先は約2,000社、年間の受託調査実績は2,000件以上あります。 1967年の設立以来、独立系調査として市場調査を専門に行っており、高品質の調査を実施することができます。 マーケティング調査に関する情報はこちら

headline

  • アンケートと電話調査

    マーケティング調査の2つの種類とその特徴 マーケティング調査とは消費者の動向を知り、自分の企業…

    » 続きはコチラ

  • 専門会社の調査は信憑性が高い

    マーケティング調査は単なる情報集めではありません マーケティング調査は、単なる情報集めの作業で…

    » 続きはコチラ

  • 新しい調査法であるソーシャルリスニングとは

    マーケティング調査の現状は 少し前まで、マーケティング調査の主流として該当での口頭インタビュー…

    » 続きはコチラ

  • エリアの年齢層の分布など細かい情報が得られる

    ネットによるマーケティング調査の良し悪しとは? 近年マーケティング調査の方法として注目されてい…

    » 続きはコチラ