専門会社の調査は信憑性が高い

マーケティング調査は単なる情報集めではありません

マーケティング調査は、単なる情報集めの作業ではありません。マーケティング調査は、商品を販売したり、事業を拡大したりする場合、またそのサービスに対するニーズが存在するかどうかの確認を行うためのものです。従いまして、調査を実施する上では、その事業はサービスに対する仮説を立てた上で、その事業やサービスを開始するための判断材料を集めていかねばなりません。
この仮説設定の作業は、マーケティング調査では外せないものです。
もし、調査において仮説設定に誤りがあった場合には、その事業やサービス自体の成功が厳しいということになり、事業やサービスの見直しが必要となります。この仮説設定をした上で、電話やインターネットなどを利用してデータを入手してきます。
最近では、このマーケティング調査の代行調査業を担う企業もあります。マーケティング調査自体、費用もかかることもありますので、このような代行調査企業に委託をして、データを収集するということは効率的です。さらに代行調査企業では、マーケティング調査のノウハウをしっかり持っていますので、情報の信憑性も高いものであり、自社で調査するよりも精度の高い情報を得ることができます。

マーケティング調査成功の鍵はターゲティング

インターネットが登場し、アンケートを作成できるサービスが生まれ、個人でも簡単にマーケティング調査が行える時代になりました。しかし、やり方を間違えてしまうと望む結果を得ることはできません。ここでは、調査を成功させるために必要になる「ターゲティング」についてご紹介します。
マーケティングをするとき、必ずターゲティングが行われます。このときに設定したターゲット達から回答を得なければ、せっかくマーケティング調査のためのアンケートを行っても意味がありません。そこで、調査を始める前に必ず、ターゲットと調査の目的を定めましょう。調査をするうちに方向性がズレてしまった、といったことのないよう、決めたら文章化するのがベターです。
ターゲットと目的が定まれば、次に「そのターゲットにこの調査を届けるにはどうしたらよいか」、「ターゲットに聞きたい具体的な質問」などを考えることになります。ターゲットが非常に明確に定まっていれば、ターゲットに的外れな方法でアンケートを発信したり、的外れな質問をしてしまうリスクを減らすことができます。これらのことを考慮すると、ターゲットを確認する段階では、できるだけターゲット設定を細かく決めることが望ましいと言えます。
的確なターゲティングを行って、マーケティング調査の成功に近づきましょう。

headline

  • 専門会社の調査は信憑性が高い

    マーケティング調査は単なる情報集めではありません マーケティング調査は、単なる情報集めの作業で…

    » 続きはコチラ

  • 新しい調査法であるソーシャルリスニングとは

    マーケティング調査の現状は 少し前まで、マーケティング調査の主流として該当での口頭インタビュー…

    » 続きはコチラ

  • エリアの年齢層の分布など細かい情報が得られる

    ネットによるマーケティング調査の良し悪しとは? 近年マーケティング調査の方法として注目されてい…

    » 続きはコチラ

  • アンケートと電話調査

    マーケティング調査の2つの種類とその特徴 マーケティング調査とは消費者の動向を知り、自分の企業…

    » 続きはコチラ