アンケートと電話調査

マーケティング調査の2つの種類とその特徴

マーケティング調査とは消費者の動向を知り、自分の企業に対するイメージなどの情報の収集、他社の評判などを知ることができるので、ビジネスをスムーズに進めることに役立ちます。
マーケティング調査には大きく分けて、定量調査と定性調査の二つがあります。定量調査とは、選択式のアンケートなどを用いて、消費者の意見を知る方法ですが、データが数値化されるために統計が取りやすく、比較的安価であるという特徴があります。
一人一人の意見ではなく、総合的なデータの傾向として分析することができる方法です。
マーケティング調査を取り入れる上での企業の目的がハッキリしている場合は、定量調査の方が適しています。
また、定性調査は主にグループインタビューなどの形式で行われます。消費者の意見をインタビュアーが聞き出し、言葉のニュアンスや深層心理といった、言語の情報から収集することができるので、選択肢の中にない、幅広い意見を取り入れやすいという特徴があります。数字だけでは分からない感情やその時の心理状態などから分析することができるため、心理的な面から動向を探ることができます。マーケティング調査を利用する際は、内容や目的に応じて方法を使い分けることが重要です。

自社でできるマーケティング調査とその方法

マーケティング調査を業者に委託するとなると費用がかかってしまいます。そこで、費用を抑えるために自社でマーケティング調査を行うことはできないのでしょうか。今日は自社で行えるマーケティング調査とその方法についていくつかご紹介します。
まず、最初にできる方法はアンケート調査です。アンケート調査のメリットはアンケートフォームを作成してしまえばあとはそれを自社のユーザーや顧客などに送付し、集計を待つだけという点です。労力がかからないのに、広い範囲で調査を行うことができます。しかも、コストもほとんどかかりません。ポイントはアンケートフォームです。集めたい情報が反映できるような質問事項をフォームに反映させることが重要です。今はインターネットが普及しているので、簡単に調査対象に質問を送付できます。対象も選ぶことができます。
次にできる方法は電話調査です。こちらも顧客などを中心に調査を行うことができます。電話調査の場合には数人のオペレーターを準備しておくとより効率的にスピーディーに行うことができます。しかし、注意したいのは質問事項を多くしすぎないことです。長時間の電話になってしまうと相手が嫌がります。
このように自社でも低コストで行えるマーケティング調査方法はいくつもあります。

headline

  • 専門会社の調査は信憑性が高い

    マーケティング調査は単なる情報集めではありません マーケティング調査は、単なる情報集めの作業で…

    » 続きはコチラ

  • 新しい調査法であるソーシャルリスニングとは

    マーケティング調査の現状は 少し前まで、マーケティング調査の主流として該当での口頭インタビュー…

    » 続きはコチラ

  • エリアの年齢層の分布など細かい情報が得られる

    ネットによるマーケティング調査の良し悪しとは? 近年マーケティング調査の方法として注目されてい…

    » 続きはコチラ

  • アンケートと電話調査

    マーケティング調査の2つの種類とその特徴 マーケティング調査とは消費者の動向を知り、自分の企業…

    » 続きはコチラ